2014年05月29日

遂にブランド偽物日本上陸

......と勢いにまかせて言ってしまいましたが、かってジョージ・A・ロメロが『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(68年)や『ゾンビ』(78年)などでジャンルを確立した、いわゆる"リビングデッド"物は、ホラー映画の流れを一変させる衝撃的な事件でした。

 それまでのホラー映画においてゾンビは、単なる「添え物」でしかありませんでした。しかし、ロメロは彼らに「人間を襲い、その肉を食う」「襲わブランド偽物れた者もゾンビになる」という設計を与えることで、今のようなメインストリームのモンスターへと大変身させたのです。そして、そんなゾンビによって人類が存亡の危機に晒される終末イメージは、ベトナム戦争の敗戦によって虚無感の漂うアメリカを中心ブランド偽物に、瞬く間に世界中を席巻することになりました。こうしたゾンビ映画は80年代に数多くのフォロワーを生み、その中から『死霊のはらわた』(81年)のサム・ライミや『ブレインデッド』(92年)のピーター・ジャクソンといった、のちのハリウッドを背負って立つ人材をも産み出す一大ムーブメントを形成するのです。

 そんなゾンビホラー映画の流れも、90年代に入るとやや沈滞化していきます。理由は『スクリーム』(96年)のようなメタ系ホラーや『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99年)のような低予算フェイク・ドキュメンタリー系ホラーの台頭。そして社会情勢の変化により、映画のレイティングがいっそう厳しくなったことが挙げられるでしょう。

 しかし、その流れが再び大グッチ コピーきく変わり、ゾンビがまたホラーの舞台で脚光を浴びることにことになります。それは『トレインスポッティング』(06年)で世界中を熱狂させ、『スグッチ コピーラムドッグ$ミリオネア』(08年)でオスカーの栄冠に輝いたダニー・ボイル監督の『28日後...』(02年)の大ヒットでした。

 同作では正式にゾンビと明言されてはないものの、明らかにロメロ版ゾンビの影響を強く受けたと思える設定が散見されます。病原菌感染者が蔓延し、荒廃した近未来のロンドンを描いた本作は熱狂的な支持を得て、再びゾンビに耳目を向けさせます。
 さらに02年には、日本のカプコンの大スーパーコピーブランドヒットゲームを原作とした『バイオハザード』が公開。こちらの方はゲーム原作ということもあり、アクション的要素を全面に出した結果、4作スーパーコピーブランド目まで製作される程の大ヒットを記録しました。

 こうしてゾンビ映画が復権の動きを見せる中、04年には決定的な出来事が起こります。『300』(07年)や『ウォッチメン』(09年)、そして日本でも最新作『エンジェル ウォーズ』が公開間近のザック・スナイダーが、名作『ゾンビ』のリメイク『ドーンペット用品コピー・オブ・ザ・デッド』(04年)を引っさげて監督デビューしたのです。
『ドーン...』の大ヒットは、ゾンビ映画復権をアピールするのに十分な存在でした。そして、この流れに乗るかの如く、ロメロも長い沈黙を破り、メジャースタジオの資本のもとで『ランド・オブ・ザ・デッド』(05年)を撮って健在ぶりをアピールします。その後もホームグラウンドであるピッツバーグを拠点に『ダイペット用品コピー アリー・オブ・ザ・デッド』(07年)、『サバイバル・オブ・ザ・デッド』(09年)と新作を発表し、ゾンビマニアを歓喜させました。

 こうした流れは留まるところを知らず、スペインではゾンビ+『ブレアウィッチ』系フェイクドキュメンタリーとも言える『REC/レック』(07年)が製作され、本作も好評を博して続編が製作されるなど、2000年代に入ってからは「ゾンビ映画の第二次黄金期」とも言える盛況を見せているのです。
 前置きが長くなりましたが、そんなゾンビムーブメントにあって、イギリスで製作された一本のゾンビ映画が話題を呼んでいます。それが今回の『コリン LOVE OF THE DEAD』です。

 制作費わずか45ポンド(日本円で6千円弱)という、『ブレアウィッチ~』もかくやという極超低予算で製作された作品ながら、この『コリン』はゾンビ映画史上屈指の傑作とうhttp://www.supperstylelv.com/chanel-bag/26710-apricot.htmたわれ、世界中のゾンビ好きを感動の嵐に巻き込んでいます。

 低予算をアイデアでカバーするのは、優れた映画の常套とも言えるものですが、『コリン』もそうした映画として、面白い試みで作品が撮られています。それは「ゾンビ目線で語られるゾンビパニック」という着目点です。

 主人公の青年コリンは冒頭からゾンビに襲われ、自らもゾ眼鏡コピーンビ化するところから物語が始まります。舞台は近未来のロンドン。突然謎のウィルスによって蘇った人間が、生きた人間を喰らおうと眼鏡コピー 襲いかかり、また運良く逃げ延びた人たちも、ゾンビに噛まれていた場合は、ウィルスによって例外なくゾンビ化していきます。
posted by ミュウミュウバッグ at 13:50| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

本興業スーパーコピーブランドが王手

先月23日、TBSが春の番組改編を発表した。ウッチャンナンチャンや関口宏の新番組が揃う中でも注目なのは、ブラックマヨネーズ初のゴールデンメインMC冠番組『ブラマヨ衝撃ファイル 世界のコワ~イ女たち』だろう。
 注目の理由はその時間帯スーパーコピーブランドにある。ブラマヨの新番組は火曜21時の放送予スーパーコピーブランド定。つまり裏番組には『1億3千万人のエピソードバラエティー コレってアリですか?』(日本テレビ系)と『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)が揃っているのだ。すでに人気と知名度を誇る各局の顔ともいうべきバラエティー番組にブラマヨが殴りこみをかけるのだから、お笑いファンならずとも気になるところだ。

「お笑いファンの間からは、『ロンハー』でブラマヨが見られなくなると思うと寂しい、といった声を耳にします。多くの芸人が出演する同番組でも彼らの存在は貴重でしたからね。フリートークにガヤにボケにツッコミに、ブラマヨは見ていて安心できるコンビ。そういった意味では、彼らがゴールデンでメインMCのレギュラーを持ったというのは必然ですけど。まさか火曜9時とは......。これで全局を吉本が完全制覇する日も近いですね(笑)」(お笑い系ライター)

 このライターが語るように、『コレアリ』のメインMCはタカアンドトシ、『ロンハー』はロンドンブーツ1号2号。そして今春レギュラー化される『コワ~イ女たち』のブラマヨ。日テレ、テレ朝に引き続き、TBSでも同時間帯にメインMCを務めるのは吉本芸ブランド偽物人となる。キー局ではないがテレビ東京の『開運!なんでも探偵団』の島田紳助を加えれば、ドラマを放送するフジテレビとニュースのNHK以外、すべて吉本芸人の番組とブランド偽物なったわけだ。
「『コレアリ』の平均視聴率は10~15%で、『ロンハー』も同様です。春から始まるブラマヨの新番組も、以前単発で放送された特番の平均は13%強ありましたから、この数字なら太刀打ちできると思ったのでしょう」(業界関係者、視聴率はビデオリサーチ調べ/関東地区)

 さらに、深夜から格上げという形で現在の放送グッチ コピーに至る『コレアリ』には根強いファンが存在グッチ コピーし、今年で13年目となる『ロンハー』にはそれ以上に信者のような支持層がいるという。
「これらの視聴者がブラマヨの新番組に流れるかと言ったら......下手をすれば互いに番組ファンを奪い合い、結果的に共倒れなんて可能性もあります」(前同)

 同じ事務所に所属する芸人同士の視聴率競争。まさに身内同士の骨肉の争いといった感じだが、そもそも視聴者は誰がどこ所属の芸人だなんてことは気にしない。要はその番組が面白いかどうかだ。

「芸人の数が圧倒的に多い吉本ですから、その分メインを携帯ケースコピー務める割合も多くなります。事務所内での競争も激しいですから、技術が高いのは当然ですし。ただ、番組の面白さは決して彼らのよ携帯ケースコピー うなメインどころだけではありません。やっぱり脇を固めるタレント陣が重要になってきます」(放送作家)

 ドラマコントをメインに据える『コレアリ』は豊富な女優陣を揃え、「格付け」を目玉企画にする『ロンハー』にも多くの女性タレントが出演している。芸人たちだけではなく幅広いhttp://www.supperstylelv.com/louisvuitton-bag/m93752.htm出演者を抱えたことが功を奏しているのかもしれない。そして、もちろん今春レギュラー化する『コワ~イ女たち』も過去の特番放送ではバラエティー豊かな出演者を揃えている。

 だが問題は『コワ~イ女たち』の過去の放送を見ると、そこには国生さゆりや狩野英孝といった『ロンハー』の準レギュラー的タレタブレットパソコンケースコピーント陣が多く出演していることだ。同じ時刻に2番組以上に出演することはタブー視されているテレビ業界。ゲストタレントたちが同じ時間帯に出演することはない。しかも視聴者を惹きつける魅力のあるゲストタレントといっても限りがある。吉本芸人のメイン司会が乱立する春からの放タブレットパソコンケースコピー 送では、彼らの取り合いが激化するだろう。火曜21時、注目だ。
posted by ミュウミュウバッグ at 13:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

で明かブランド偽物されつつ

今年10月頃から「離婚間近」とウワサされ、11月に入りブランド偽物報道が過熱しているダルビッシュ有・紗栄子夫妻の夫婦問題。当初は「ダルビッシュの浮気が原因」という見方が濃厚で、一報を報じたスポーツ紙や「ブランド偽物女性セブン」(小学館)、「週刊文春」(文藝春秋)などがこぞってダル側の女性問題を指摘した。だが、ダル本人はTwitterで「何で俺だけ悪いみたいなってんねん。アホちゃう」と発言。妻・紗栄子が家庭を顧みない主婦であったことを暴露し始めている。

「一番最初に離婚情報をリークしたのは紗栄子サイド。9月末の時点で離婚は避けられない状況になっており、別れたくないとシブっていた紗栄子も納得せざるを得なかったようだ。だから先手を打った。しかしダル側も一方的に悪者にされてはたまらない。翌週には芸能マスコミに向けて、ダルサイドから紗栄子に不利な情報がバラまかれた格好です。そもそもダルビッシュとその両親は、紗栄子に慰謝料を払う気もありませんから」(スポーツ紙記者)

 その結果、あっという間に紗栄子は「悪妻」に仕立てあげられてしまった。いわく、「一流の野球選手として活躍するダルの食事や体調管理もろ財布コピーくにせず、アパレルブランドの経営に没頭していた」「子どもたちの育児も実家の母親に任せることが多かった」「"ママであること"をファッション感財布コピー覚で楽しんでいた」......。さらには、年下のイケメン男性や、ジャニーズタレントであるNEWS・手越祐也と密会しているという報道まで飛び出す始末だ。

「決定的な写真証拠は撮られていませんし、報道にあるような年下男性やジャニタレか分かりませんが、ダル以外にも親しくしていた男性がグッチ 財いるようです。ただ、男女の関係にあるかどうかまでは......。構ってくれなくなった主人を頼るのをやめて、信頼できる男性に今後のことを相談していた、という言い訳もでグッチ 財布きますし。どちらにしろ、ダルにも紗栄子にも不貞疑惑が露呈していることは事実。夫婦として互いをまったく信用できなくなってしまっているワケですから、修復は難しいですね」(業界関係者)

 不貞疑惑で終われば良いが、話はさらに紗栄子の"人脈"にまで飛び火しそうだという。
「アイドル時代に紗栄子が頻繁に訪れていた渋谷や六本木のクラブオーナーが、彼女のアパレルブランドを支援していたのですが、そのオーナーというシャネル靴コピーのがかなり曲者。昨年大騒ぎになった"のり塩事件"に深く関わっているとされ、いわゆる"その筋の人間"です。結婚してもアパレルの仕事を通じて紗栄子はシャネル靴コピー彼らと通じていたため、現在も金銭的なことや芸能界復帰についてなど相談をしているのではないか、と言われています」(前同)

 "のり塩事件"と言えば、芸能界を激震させた酒井法子・押尾学の薬物事件だ。そこに絡むような人物との交際が本当であれば、タレントとしてイメージを悪くすることは避けられないうえ、離婚調停でも不利になるだろう。だが一方のダルビッシュ側も、探られたくない腹はある。

 ダルの父親であるファルサ氏がかなりの浪費家で、パ・リーグ投手最高と言われるダルの年俸・およそ3億円のほとんどを紗栄子ら家族に渡すことなく、使いこんでしまっているという情報もあるのだ。
「年俸やCM契約料などは、球団からダル父の経営するhttp://www.mycopyjp.com/fendi-bag/yz-001-orange.htmマネジメント会社に振り込まれる。そこから毎月の生活費が紗栄子の手元にわたり、決められた額の中で紗栄子は家計をやりくりしていた。ファルサ氏はダルがせっかく稼いだ金を湯水のように使ってしまうため、ダルの手元に財産はほとんど残っていないとか。これでは慰謝料を払いたくないどころか、払いたくても払えない状況なのでは」(前出・スポーツ紙記者)

 ファルサ氏と紗栄子との折り合いが悪く、離婚グッチ靴コピーの一因になっているという話もある。泥沼化の一途をたどる離婚劇。今年産まれたばかりの次男は身体が弱く、近いうちに手術の必要があるとグッチ靴コピーも報じられている。夫婦の間に亀裂が入ってしまったとしても、産まれた子どもに罪はない。せめて2人の息子たちにとって幸せな"円満離婚"を望みたいものだが......。
posted by ミュウミュウバッグ at 11:55| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。